DHA・EPAの概要と効果

さまざまなサプリメントが市販されている中で、DHA・EPAといわれるものがあります。

 

DHAはドコサヘキサエン酸のことで、EPAはエイコサペンタエン酸のことです。DHA・EPAは必須脂肪酸といわれるものの一つで、私たちの体にはなくてはならないものです。

 

しかしながら体内で生成されるものではありませんのできちんと摂取する必要があります。

 

DHA・EPAはさばやあじ、いわし、まぐろ、かつおなどの背中が青い魚いわゆる青魚に多く含まれており、青魚を食べることにより摂取することができるようになっています。

 

DHA・EPAをあわせて一日に1g程度摂取することが望ましいとされています。

 

では毎日1g摂取することによりどのような効果を期待することができるのかといいますと、DHAはメタボリックシンドローム・動脈硬化・心筋梗塞・脳梗塞などへの改善効果を期待することができるとされており、EPAは動脈硬化・脳梗塞・脳卒中・炎症性疾患・アレルギー性鼻炎などへの改善効果を期待することができるとされています。

 

参考:DHA EPA サプリ【ランキング】オメガ3の効果を試す!

DHA・EPAについて詳しく知ろう

DHA・EPAとは、どちらも体内で作られる事ができないため、食材から摂取する必要があります。DHAは、主にマグロの頭等に多く含まれています。

 

EPAについては、主に青魚に含まれているので、これらを積極的に摂取する事が大切です。

 

これらDHA・EPAの効果としては、動脈硬化、脳梗塞、心筋梗塞といった予防の他にも、メタボリックシンドローム、糖尿病、うつ病、老眼の効果を期待する事ができます。

 

DHAやEPAは、血液の流れを良くするとともに、網膜や脳の働きを活性化させる効果が期待できます。しかしこれらの効果を期待できるからと言って、毎日必要量の魚を摂取できない人もいます。

 

このような人達には、サプリメントから必要量を摂取する事が可能です。今では、1日に必要な量が簡単に摂取できるサプリメントが多く売られているので、このような物をうまく取り入れながら摂取する事は大切です。

 

サプリメントは、金額も安くどこでも簡単に購入できるのがメリットです。

 

クリルオイル オメガ3

2014/03/26 17:46:26 |
「DHA・EPA」とは、それぞれ、「ドコサヘキサエン酸」「エイコサペンタエン酸」の略称です。人間に必ず必要な必須脂肪酸のひとつで、どちらも人の体内では作ることのできない栄養素です。特に青魚などに多く含まれています。DHA・EPAは高脂血症や動脈硬化を予防する効果、また、アレルギー体質の改善や、精神を安定させる効果などがあると言われています。特にDHAは、血液の流れをよくしたり、目の網膜や脳の働きを活性化する健康効果があり、美肌効果などもあると言われています。DHAを多く含む食品は、まぐろ、かつお、あじ、さば、いわし、ぶりなどの青魚などです。また、DHA・EPAを摂取するためにはαリノレン酸を多...
2014/03/26 17:46:26 |
マグロやイワシなどの魚の油に多く含まれる脂質であるDHA・EPAは、血液の流れを改善し、血管をしなやかにして動脈硬化を防ぐ働きをするとして厚生労働省も生活習慣病予防に1日1g以上を摂取目標とし、推奨しています。DHA・EPAは、体内の細胞膜をつくる重要な成分で、体のさまざまな機能を調節する生理活性物質の材料にもなっていて、血液や血管の他にも、目や脳など全身の機能維持に関与しています。DEA・EPAは、人間の体の健康維持に不可欠な脂質ですが、体内では充分に合成することができないため、食事から摂取する必要がある必須脂肪酸です。また、DHA・EPAは、脳や目の正常な発達や機能維持に欠かせない役割をは...
2014/03/26 17:46:26 |
DHA・EPAは共に健康促進効果のある人体にとってなくてはならないものです。DHAは正式名称をドコサヘキサエン酸と呼ばれ、不飽和脂肪酸の一つです。魚油に多く含まれていて、日本人は魚類を食べることによって多く摂取していたが近年は日本人の魚類の摂取量が少なくなったことにより減少しています。DHAの効能・効果は血液中の中世脂肪酸やコレステロール値を低下させる働きがあることから、決R期の流れを良くし、血栓の予防や解消に役立つ事が挙げられます。EPAは正式名称をエイコサベンタエン酸またはイコサペンタエン酸と呼ばれ、ω3脂肪酸の一つです。EPAはニシンやサバ、サケ、イワシなどの魚類から接収することが出来ま...
2014/03/26 17:46:26 |
DHA・EPAについて、DHAはドコサヘキサエン酸、EPAはエイコサペンタエン酸のことです。これらは、人間の生存に不可欠な必須脂肪酸の一つになります。これらは、人間の体内で作られることがないため、食べ物から摂取する必要があります。DHAやEPAは、魚類特に青魚に多く含まれています。DHAには様々な効果があり、学習能力の向上や動脈硬化の予防、高血圧の抑制やアトピーの改善など様々な効果があります。これらは青魚でさらに魚の脂に多く含まれているため、脂ののった旬の時期の魚を食べると多く摂取することができます。1日の摂取量の目安は1から2グラム程度ですが、平均的な日本人では400ミリグラム程度しか摂取で...
2014/03/26 17:46:26 |
DHA・EPAはともに人間に必ず必要な不飽和脂肪酸で、体内では作れないため食物から摂取する必要があります。特にサバやイワシなどの青魚に多く含まれています。正式名称はDHAはドコサヘキサエン酸、EPAはエイコサペンタエン酸といいます。魚を多く食するイヌイットの人々に動脈硬化や心筋梗塞などの血管系の生活習慣病があまり見当たらないことから、DHA・EPAの血液への良い効果が判明しました。DHA・EPAは固まりにくい性質があるので細胞膜に取り込まれると細胞壁の流動性が増し、血管細胞のしなやかさが増し、赤血球が軟らかくなり、血液がさらさらになるのです。動脈硬化や血栓の予防の他にも、学習能力や記憶力の向上...
2014/03/26 17:46:26 |
最近はテレビや雑誌でもDHA・EPAの効果について見かけるようになりました。特に現在の飽食、長寿命の時代において、メタボリックシンドロームや脳の活性化に効果のあるDHA・EPAはみなが注目する栄養素のひとつです。DHAとはエイコサヘキエン酸といい、EPAはオメガ3脂肪酸というどちらも体内では作ることができない栄養素であり、加齢を予防し、動脈硬化、メタボリックシンドローム、糖尿病などへの改善効果があると言われています。認知症やうつ病にも効果があるのではと考えられています。特にDHAは血液の流れを良くして、目の網膜や脳を活性化する働きがあるということなので、摂取することで生活の改善が見込めるでしょ...
2014/03/26 17:46:26 |
DHA・EPAは青魚に多く含まれているもので、様々な良い効果があります。DHAは学習能力と運動能力の両方を高める効果があり、成長期の子供にとっては必要不可欠なものです。そしてDHAには認知症の改善や予防もできるので、高齢者にとっても必要不可欠です。EPAには心筋梗塞の予防などに効果があります。心筋梗塞は死を招くこともある深刻な病気なので予防ができれば、それだけ長生きすることにつながります。その身体にとって大きなメリットをもたらす、DHA・EPAですが残念ながら、体内で合成することができません。それなので食品から摂取することが必要になります。DHA・EPAは青魚に多く含まれているのは最初に書きま...
2014/03/26 17:46:26 |
DHAとはドコサヘキサエン酸の略称で、EPAとはエイコサペンタエン酸の略称です。DHA・EPAはオメガ3酸系脂肪酸と呼ばれ、人間の健康づくりに欠かせない栄養素です。メタボリックシンドロームや動脈硬化、心筋梗塞や脳梗塞、糖尿病やアレルギー性鼻炎、うつ病や認知症といった現代病を改善する効果があります。これは、DHA・EPAが細胞の柔軟性を保つために重要な役割を果たしているからです。しかし、これらの栄養素は体内で製造することが困難です。そのため、食物から摂取する必要があります。具体的には、青魚に多く含まれます。近年メタボリックシンドロームや動脈硬化が問題視されるようになった背景には、肉食傾向が進み、...